メインイメージ画像

比較的に人の流動化が盛んなサービス業なん


比較的に人の流動化が盛んなサービス業なんですが、会社側としては長期間働く人材を求めると思います。その中で、転職の数が多くあったり、短期的な職場が多くあったりする人物は、採用材料としては、厳しいかもしれません。面接へ通過した場合の自己PRでは、長期的に働きたいという意思や、安易な思いでの求職活動を行っていない事などを強くアピールする事を欠かせないと思います。堅実な目標があって、その企業でどんな事を学びたいのか、どのような将来の計画を見据えて、仕事をしていきたいなど、ちゃんと伝える事がポイントかもしれませんね。

会社が社会人経験者向けに人員募集をかける際には、人柄に非常に重きを置くといます。それは短期間に結果をだし、一日も早く活躍してもらいたいからです。

更に今からの発展に、いかに貢献してくれるかが大事です。もちろんの事昔のキャリアは参考になりますが他にも人柄を重視します。それ故に転職の面接時には自己PRで自分の能力をしっかりアピールすることが大事です。自分が入社することで企業側にどうしたメリットがあるか述べましょう。

新卒の面接に比べ既卒者対象の面接では、志望動機が大事です。

なぜかというと退職して受けに来たので、何かの理由を聞きだしたいと思っているからです。もしも前職が嫌いになった場合も、マイナス表現をすることは却ってマイナスです。職場の雰囲気に慣れず転職するような人は転職しても信用できないからです。志望動機は前向きな転職だと、説明しましょう。面接に受かれば入社後どの仕事に携わりたいのかを具体的に表現しましょう。



更新情報